病院に行けない人も多い

white red pills

日本はうつ病大国と言われています。日本人は働き者の民族なので、朝から晩まで辛い思いをして働いて、休日がほとんどないという人もいます。
しかし、世界各国のうつ病患者数のデータを見てみると、日本は非常にうつ病患者の少ない国という結果になっています。
つまり、本来であればすぐにでも治療を始めなければいけないうつ状態であるにも関わらず、病院に行かない人が多いため、「うつ病患者数」だけが極端に少なくなっているんです。
他人は簡単に病院に行くことをすすめますが、本人は無自覚でも、うつ病の症状が出てしまっている場合、まともな判断を下すことは難しい状況です。
どうすれば楽になれるかということを考えることすらできなくなってしまうんです。
そのため、どこからどう見ても心身ともに不健康な状態で毎日会社へ向かうという苦しい状況から抜け出せずにいます。
確かに病院に行こうと思うと半休にしろ会社に届けを出さなければなりません、
上司にどこが悪いか聞かれた時に、精神的に辛いとはとても言えないと思います。
病院にいくと、大抵デパスという精神薬を処方されると思います。
デパスは古くから精神薬として使われている薬で、日本国内で最も処方数の多い精神薬だからです。
デパスは副作用も少なく、飲む時間が決まっているというわけでもないので、通販でデパスを購入してしまえば病院に行かずともうつ病を治療できるということです。
うつ病だけでなく不眠症にも効果的とも言われており、睡眠障害を抱える方に睡眠導入剤のアモバンなどと同様にデパスは睡眠薬として処方されることも多々あります。 デパスのジェネリック医薬品にエチラームという薬があり、デパスと同じ成分、同じ効果でデパスより安く購入できるのでおすすめですよ。
また抗うつ剤として有名なのがレクサプロやパキシルといったSSRIに分類される治療薬です。選択的セロトニン阻害剤とも呼ばれ、うつ病の症状である不安や苛立ちといった症状を抑える効果があります。 作用する時間も長く、離脱症状も起こしにくいのも特徴的です。

うつ病の治療に効果的なパキシルの詳細はコチラ

pills in hand

睡眠障害やあがり症にも

デパスの主な効果は抗うつ作用ですが、筋肉弛緩効果があるため重度の肩コリ治療にも使われます。また、睡眠障害やあがり症の改善にも高い効果を発揮してくれます。いざという時のためにお守り代わりにデパスを持ち歩く人も多いです。

drug

ジェネリックに挑戦する

ようやく日本でもジェネリック医薬品について正しく認識されるようになってきました。エチラームとデパスが同じ効果で、なぜエチラームの方が安いのか、と不審に思う人もいるかもしれませんが、特許が大きく関係しているんです。

blister packs

依存症のリスクを知る

エチラームはデパス同様副作用の少ない薬ですが、デパス同様の依存性が強い薬でもあります。依存症にならないように用法用量を守り、決してアルコールとは併用しないようにしましょう。

写真ギャラリー