睡眠障害やあがり症にも|精神薬デパスと同じ効果を発揮するエチラームとは?

睡眠障害やあがり症にも

pills in hand

デパスは抗うつ剤として使われることが多いです。
交感神経に作用することで、脳の興奮を抑え、心を穏やかにしてくれます。
また、筋肉弛緩効果もあるため重度の肩コリ治療に使われることもあります。
脳の興奮を抑えるだけでなく筋肉弛緩効果もあるため、デパスを服用することで心身ともにリラックスし、
睡眠障害で悩んでいる人も自然に眠れるようになると言われています。
特に短時間で強く効果を発揮するため、睡眠障害の中でも特に寝つきの悪い入眠障害に高い効果を発揮してくれます。
薬の力で強制的に眠らされるわけではなく、あくまで脳と身体がリラックスすることで自然な眠りに導いてくれるため、
睡眠薬を使うことに抵抗を感じている人も安心して使うことができます。
うつ病を発症してしまうと同時に睡眠障害を発症してしまうこともありますし、
逆に睡眠障害をきっかけにうつ病を発症してしまうという人もいます。
そのため、睡眠導入剤としての効果と抗うつ剤としての効果の両方を持っているデパスはうつ病や睡眠障害で悩んでいる人にぴったりの精神薬なんです。
デパスはあがり症の治療にも効果的です。
あがり症の人は人前で何か話をしようとすると心臓がバクバクと脈打ったり異常なくらい汗をかいてしまったり、頭が真っ白になってしまったりと辛い症状に悩まされます。
少し緊張してしまう、くらいならどんな人でも多少はありますが、ここまでの症状になってしまうと、
大切なプレゼンや大きな商談など、仕事にも支障を来してしまいますよね。
そのため、デパスをお守り変わりにいつも持っておいて、大切な場面だけ服用するという人も多いんです。