ジェネリックに挑戦する|精神薬デパスと同じ効果を発揮するエチラームとは?

ジェネリックに挑戦する

drug

デパスは精神薬の中でもあらゆる精神疾患に効果を発揮する万能薬として知られています。
そんな優秀な薬であるデパスのジェネリック医薬品が「エチラーム」です。
日本でもようやくジェネリック医薬品について正しく認識されるようになってきましたが、
つい最近まで日本ではジェネリック医薬品を新薬の劣化版だと勘違いしている人も少なくありませんでした。
新薬には特許期間というものがあり、特許期間中はその薬を開発した企業が専売特許を持っているんですが、
15~25年ほどで特許期間は終了するため、その後は他の企業もその薬を製造・販売する許可が下りるんです。
そこで開発費を抑えた分、新薬より安い価格で販売されるようになったのがジェネリック医薬品なんです。
つまり、デパスのジェネリック医薬品であるエチラームは、デパスと同じ成分で同じ効果があるにも関わらず安く手に入るありがたい薬なんです。
ただ、どんな薬でもそうですが、服用する際にプラシーボ効果が非常に大切になってきます。
どれだけ優れた薬でも「こんな薬効くはずない!」と思って服用していては効果は弱くなってしまうと言われています。
そのため、もしエチラームはデパスより劣っているのではないか、という不安が拭えない人はエチラームよりデパスを服用した方が良いでしょう。
実際には効果は同じなので、安く購入したいという人にはエチラームがおすすめです。
エチラームを通販で購入すると、1箱に10シート(100錠)入っていて、約950~1,100円で購入できるので非常にお得です。